interview
FunDioとは?
FunDio(ファンディオ)とは、非営利セクターで働いている方、働きたい方の「キャリア」や「学習」を応援するWEBメディアです。2022年2月にスタート。まずはNPOで働いている方へのインタビューや、転職や副業など体験をつづったブログを発信しています。

「社会貢献の仕事」をめぐる葛藤と、個人的な体験

「社会貢献できる仕事に、本業で取り組みたい」
「NPOやNGOへの転職を、検討している」
「でも給与や働きやすさといった待遇面を、大きく下げたくない」
「企業での経験やスキルを活かしたいし、将来のキャリアにつながる仕事をしたい」

約10年間非営利セクターで仕事をしてきたなかで、このようなご相談をいただく機会が少なからずありました。
やりがいとサステナビリティが、両立するキャリアを見つけられないか?私自身も、そんな葛藤を抱える一人でした。

教育NPOで大学時代にボランティアで活動した経験から、「いつかは教育を」「NPOで働く」と考えてはいたものの、新卒では民間企業に就職。
大手メーカーの広報や広告代理店でのマーケティングの仕事を経て、NPOに思い切って転職したのが2011年、29歳の頃でした。
子ども支援をするNPO法人で、広報やマーケティング部門の責任者を3年間務めてから独立。
現在は、NPO・NGOや研究機関など非営利団体のコンサルティングを中心に仕事をしています。

これまで10年間、非営利セクターで働いてみて実感したのは、ビジネスの経験やスキルを活かせる機会がたくさんあること。
給与をはじめとした待遇も、一般企業より低い場合が多いものの改善が進みつつあり、差異は少しずつ縮まってきていること。
セクター全体も金額規模や社会的なインパクトなど成長しており、未発展の部分が多いものの、チャレンジングな機会が多く訪れていること、でした。

マーケや営業、IT・マネジメントなど、ビジネスの経験を活かせる職種

現在私が軸を置いているのは、「ファンドレイジング」という分野です。
ファンドレイジングとは、寄付をはじめとして助成金や事業収入、あるいはふるさと納税などで、活動に必要な資金を募ること。民間企業での、営業やマーケティングにあたる分野です。
日本ではなじみが薄いですが、寄付が社会に普及しているアメリカで「ファンドレイザー」は、“なりたい職業ランキング”で上位に入る人気の職種。
日本でも、コンサルティング会社や広告代理店、外資系企業などから転職して活躍している方も出てきています。
ファンドレイジング以外でも、ビジネスの経験やスキルを活かせる職種やポジションはもちろんあります。
マネジメントにおいて「組織をつくり収益を確保し、計画を立てその進捗を管理していく」という役割は、非営利団体・企業とも共通です。
マーケティングや営業、ITシステムや財務経理、あるいは経営・マネジメントといった専門性や経験を持つ人材が、NPOやNGOでも活躍しています。
将来的には、そのような求人情報をピックアップ。「成長ステージに合わせ、幹部候補を探している」「DXを実現するために、デジタル人材を採用したい」など、プロフェッショナルな人材を求めている非営利団体とマッチングしたいと考えています。

スキルや経験の「合わせ技」で、たくましく生きている人たち

非営利セクターでのキャリアには、「NPO法人の正職員として、フルタイムでその仕事1本で働く」以外にもさまざまなカタチがあります。

・前職の経験や趣味を活かして、副業をする方
・大学院に通いながら、学術研究と二足の草鞋を履かれている方
・ファンドレイジング支援企業の社員として、NPOの事業を支援する方
・非営利セクターでの専従職員を経て、民間企業に戻る方
・フリーランスとして、業務委託で携わる方

個々の専門性やスキルを活かして、魅力的なキャリアを描いている人がいます。
非営利セクターへの転職は、「片道切符」ではありません。
結婚や出産などライフイベントや個人の志向の変化などに合わせて、企業や行政あるいはアカデミックなどの世界と行ったり来たりも自由です。
「0か100か」ではなく個人の仕事のポートフォリオの一部として、「社会貢献の仕事」を取り入れている方もいます。

FunDioでは、多様なキャリアを描いている個人の事例や、そういった人材を活かして社会的インパクトを生み出している団体のケーススタディをお届けしていきます。
社会貢献のキャリアに関心のある方はもちろん、既に非営利団体で働いている方々にとっても参考にしていただけることを目指しています。

代表者プロフィール

山内悠太
1982年生れ。東京大学教養学部卒。大手メーカー(三洋電機)→広告代理店(ファインドスター)→教育NPO(カタリバ)を経て、2014年に独立。

現在は「ファンドレイジング」と呼ばれる非営利団体の寄付募集を、コンサルタントとして支援しています。マーケティング戦略の策定から「マンスリーサポーター」はじめ個人寄付収入の拡大、オペレーションのデジタル化まで、NPO・NGOや大学など10団体以上をサポートしてきました。元々は「ダイレクトマーケティング」と呼ばれる分野で、広告やCRMの仕事を手がけてきました。今もD2C(EC通販)やサブスクリプションなど業界にも携わり、その知見を非営利セクターに応用しています。

「非営利セクターで働く人、働きたい人のキャリアや学習を応援したい」という思いから、2022年にFunDio(ファンディオ)を立ち上げ。「社会貢献の仕事をしたい」「NPOで働きたい」といった方には、キャリア相談にも乗らせてもらっています。
生まれ育った東京を8年前に離れ、湘南の自宅で仕事をしています。7歳の娘の父。ラグビーやランニングなど体を動かすこと、本を読むことが好きです。
非営利セクターでのキャリアに関心ある方へ
インタビューやブログなど、更新情報をLINEで配信しています。
求人情報や副業・業務委託での案件募集も、将来的に掲載する予定です。
LINEで友だち登録する