プロボノって何?活動やボランティアとの違い

2022
6
2

社会貢献やNPOへの就職に関心が出始めると「プロボノ」という言葉に出会うことがあるかと思います。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「社会人が仕事のスキルなどを使って行うボランティア活動」と捉えると、分かりやすいと思います。 この記事では、プロボノとは?プロボノの位置づけや始め方などについて、ご紹介します。

プロボノの意味と概念

プロボノとは、ラテン語の「Pro Bono Publico(公共的に善いこと)」という言葉を語源としますが、現在使われている意味としては「自らの職業によって培った専門スキルや知識を使った社会貢献・ボランティア活動を行うこと」です。

プロボノはもともと米国では一般的な言葉で、弁護士による社会貢献活動として理解されていたところ、ITやマーケティングなど、より幅広い概念に広がりました。また、2008年のリーマンショックによる社会不安の中で企業寄付の代替として、失業した労働力の行き場としてプロボノは拡大しました。

日本においても、もともとは弁護士会や外資系企業による動きだったプロボノが、ビジネスパーソンたちの社会課題やソーシャル分野への関心が高まるにつれて普及していきました。

現在では、いくつかのプロボノ推進団体があり、NPOの就職サイトでも探せるなど、より参加しやすくなっています。

プロボノとボランティアの違い

プロボノは、ボランティアの一種であり、社会課題を解決するための活動という点は同じです。

ボランティアでは、知識やスキルをそれほど必要としない作業の一部分を切り出してお願いするイメージでしたが、プロボノは、例えばIT、デザイン、マーケティングなど専門性が必要な部分を依頼できるため、NPOとしてもメリットが大きいと言えます。

また、最近は「プロボノ」の実際的な意味合いもより拡大しており、「社会人ボランティア」といったイメージ程度で使われもするため、それほど高度な知識やスキルがなくとも、一般のビジネススキルを活かした事務作業やバックオフィス業務に関わる人も含まれていると考えていいと思います。

専門スキル例

もともとは弁護士による社会貢献活動から広がったプロボノですが、他にも様々な専門職・スキルを持っている人が活躍しています。
例えば、このようなスキルが活かされています。

  • ITスキル(ウェブサイト構築や運用、利用しているシステムのサポートなど)
  • デザイン(ウェブデザイン、チラシ、報告書など)
  • マーケティング、営業(寄付獲得、法人営業、資料作成など)
  • プロジェクトマネジメント

このように、かなり幅広いスキルが使えます。また、議事録作成など、事務作業全般のボランティアに入る社会人の方もいます。

NPOにおけるプロボノのニーズ

NPO側からすると、専門スキルを持った人材の雇用やアウトソーシングはコストがかかるため、その部分をボランティアに依頼できるのは大きなメリットです。
特に、それほど規模が大きくなっていないNPOが、体制を整えるまでの段階でプロボノが参加してくれると非常に助かります。

NPOによってどのようなニーズがあるかは様々であり、具体的に専門性の必要なプロボノを募集していることもあれば、ボランティア希望者にどのようなことが出来るかを確認して依頼業務をすり合わせることもあります。

例えば、私の過去の例ですが、あるNPOでボランティアをしたいと思い問い合わせたところ、先方から契約書作成のサポートをしてもらいたいと依頼があり、業務を調整したこともあります。

プロボノ活動に報酬はあるの?

基本的には、報酬のない活動が基本になります。

専門性のある業務に対して報酬を払うのであれば、それは通常のビジネスやアウトソーシングと変わりなくなってしまいます。
ただし、有償ボランティアという言葉があるように、交通費などの実費や謝礼を頂けることはあります。

一方、例えばウェブサイト構築において一般のビジネスよりも格安の報酬にてサービス提供するなどもあり、これもプロボノのひとつの形とも言えるかもしれません。

(参考)「プロボノで報酬はもらえる?副業と比べると?実体験から分かった、本当のメリット」

プロボノのメリットとキャリア

実は、企業の社会貢献プログラムとして、社員によるプロボノ活動を推進していることもあります。
この背景にはもちろん社会貢献の意味合いもありますが、副業・兼業が推進されるのと同じ理由で、外部での経験を得ることにより知見や視野、スキルを伸ばせるメリットがあるからです。
さらには、業務スキルを社会貢献に使うことで、本業へのモチベーションも上がるなどの相乗効果もあります。

履歴書に書けるほどのキャリアになるかと言えば難しいかもしれませんが、経験を得る意義は大きいと考えます。
特に、NPOに就職したいなどのキャリア目標がある場合は、社会貢献活動がゼロであるより、何らかの活動をしていることでNPOや社会課題への理解が深まり、人との繋がりも出来るためプロボノ活動は大きなステップになります。

プロボノ活動の事例

では、具体的にどのようなプロボノ活動があるのか、事例で見ていきましょう!

1)中間支援組織でプロジェクトのサポート業務を行った事例

これは、私が社会人2年目で実際に行った例です。

私は中間支援(=NPOを支援するNPO活動)の活動に関心があり、ボランティアをして理解を深めたいと思っていました。
ある中間支援団体に直接ボランティアとして参加させてもらえないか問い合わせ、ちょうどその時に始まった数か月間のプロジェクトにおいて、会議の議事録作成や参加者サポート業務を行いました。

その時は、まだまだ社会人として駆け出しの段階ではありましたが、これもプロボノの一種でした(その頃はプロボノという言葉はまだあまり使われていなかったため、意識していませんでしたが)。

2)NPOマーケティング・プログラムに参加し、営業支援を行った事例

上記の1)が終了した後にもNPO支援のボランティアがしたいと思い、あるNPOマーケティングプログラムにプロボノとして参加しました。
これは、希望するNPOがマーケティングスキルを高め、寄付獲得などに活かすプログラムで、各NPOにプロボノ2名が伴走するというものでした。

私は、本業で法人営業を行っていたので、法人寄付を獲得するための法人営業のサポートとして参加しました。
法人営業の進め方や提案の仕方などをNPOと共に考えていきました。

自分で個別のNPOに問い合わせるのはハードルが高いという場合は、この例のようにプロボノとNPOとのマッチングを行う活動へ参加することも有効です。

3)NPOマーケティング・プログラムで、調査業務の支援を行った事例

上記のプログラムに対して私は法人営業サポートの面で関わりましたが、他のプロボノはそれぞれの専門性を活かしていました。

例えば、本業にてマーケティングリサーチというアンケートやグループインタビューなどで、顧客調査を行っている人もいました。
NPOも、寄付者や支援対象者を理解するための調査を行うことがありますが、その方法をレクチャーしたり、一緒にアンケートを作ったりするなどの支援を行っていました。

このように、プロボノと言っても、自分の職業や業務スキルを活かした様々な関わり方があります。

「自分には専門性という程のものはない」と思っていても、企業などで働いている人であれば何らかの関わり方があり、NPOから求められています。
もちろん、自分のスキルが活かせる業務のタイミングやご縁もあるため、すぐには見つからない可能性もありますが、是非一度探してみてください。

企業からNPOへ転職した多くの人がまずはプロボノを経験していますし、私自身もプロボノの経験が後々のNPOへの就職や企業CSRでの業務に大きく役立ちました。
きっと皆さんのキャリアや人生の広がりに繋がると思います。

この記事を書いた人
牛堂 望美

人材系のベンチャー企業、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、金融機関でのCSR/サステナビリティ担当などを経験。NPOを支援する中間支援業務に携わり、多くのNPOと接してきました。NPOと企業の両方での社会貢献業務の経験も活かして、社会貢献を仕事にしたい方への情報発信やご相談にものってきました。社会貢献を仕事にしたい方たちへ、多様な関わり方があること、自分に合った関わり方があることをお伝えしたいと思っています。

非営利セクターでのキャリアに関心ある方へ
インタビューやブログなど、更新情報をLINEで配信しています。
求人情報や副業・業務委託での案件募集も、将来的に掲載する予定です。
LINEで友だち登録する